2016年

9月

16日

H28.9月 夏期特別研修会

今年もしんそう療方夏期特別研修会を、9月10,11日に琵琶湖ホテルで行いました。

 

 

今年の夏期研修は、しんそう体操からスタートしました。

友廣先生が体操のお兄さんということで、友廣先生を前にみんなで体を動かしました。

 

 

しんそう訓も特別研修会ということで、金沢、福井、舞鶴、鳥取の日本海側から参加している研修生にやってもらいました。

林会長先生に初めてお会いしたのが5年前の特別研修会だったことなど、それぞれ話してくれました。

 

 

講義は、水野先生です。

生かされている環境、患者さんのそれぞれの環境、また林会長先生の下での内弟子時代は掃除ばかりしていた話など、特別研修会ならではの内容でした。

 

特別研修会の研修技法もいつもとは違う調整法の公開となりました。

しんそうにはこのような調整法もあるのかと、研修生はその後、真剣に練習していました。

 

 

研修第一部が終わり、その後懇親会が催されました。

お酒も入り、普段話交流のない先輩後輩とざっくばらんに話が弾んで楽しい時間でした。

 

 

研修第二部は、夜の9時15分からスタートしました。

恒例の検査ラリーの前に、しんそう大坂だよりを作ってくれている映像班の先生方が「正しい身体の使い方」ということで、実際に身体を使いながら話してくれました。

 

 

検査ラリーは夜10時過ぎから始まりました。

今年はチェック項目も増え、研修生にとっては厳しい結果となった方もいるでしょう。

そうやって自分の検査がどのレベルなのか、客観的にみることも大切です。

 

 

翌朝9時30分から、研修第三部は始まりました。

スタートはしんそう訓です。

野田先生、居川先生の姉妹によるしんそう訓になりました。

 

 

研修第三部は、半期の復習です。

この半年に学んだ技法を振り返りながら練習しました。

 

 

昼からは、特別研修会恒例の成果発表です。

それぞれの班が、自分たちの技法を披露してくれました。

しんそう療方が、療法という枠組みを超えた一つの芸術だと感じる時間です。

 

 

今年の特別研修会も無事終えることが出来ました。

来月は通常の研修会になります。

日にちは、10月22、23日になります。

見学などのお問い合わせは

しんそう大坂会

℡(06)6195-6884

までお電話ください。